婚約指輪と結婚指輪には違いがある

指輪の違いを知る

宝石

婚約指輪と結婚指輪を知る

結婚を決めると婚約指輪と結婚指輪をプレゼントしなければなりません。これらの指輪に、各々の意味が存在することをご存知でしょうか。これらの指輪における本当の意味を分かっていないと、指輪を選ぶ時に戸惑うことになります。ですから、婚約指輪と結婚指輪について知識を豊富にして指輪を選ぶようにしましょう。

婚約指輪の意味

ただ結婚するから、婚約するから購入するのではなく、婚約指輪はどんな役割をもっているのか、結婚指輪はどのような思いを込めて交換するのか、それを知りながら選ぶとまた思い出深い指輪の選び方となるでしょう。 婚約指輪は通常、男性が女性に贈る形態をとります。エンゲージリングとも呼ばれるため、文字通り約束を示すための指輪であるといえるでしょう。男性が贈るものといえど、最近ではカップルで二人一緒に選ぶというケースも増えてきています。

結婚指輪の意味

結婚指輪は婚約指輪とは違い、普段使いするタイプの指輪です。「私は既婚者です」とアピールするために、常に指にはめておくタイプのものなので、シンプルで宝石がついていないパターンも多いです。基本的には男女同じようなデザインを選び、お揃いにすることが多いですが、女性はより細く、男性は太く作られることもあります。 劣化しにくいゴールドやプラチナといった素材が使われるのは普段ずっとつけておくという指輪の特性のためです。

婚約指輪を贈って結婚の意識を高める

この婚約指輪と結婚指輪、それぞれの違いを知ることで、なぜ女性にだけ婚約指輪が贈られて、豪華な宝石をつけてデザインも華奢なのかがわかるはずです。 では婚約指輪は短い期間しかはめないのだから、特に購入しなくても良いのではと感じる人もいるでしょう。もちろん指輪を買う、買わないは自由ですが、やはり女性にとっては婚約指輪はあった方が良いと感じる人の方が多いようです。けじめとして贈られること、人生の節目に贈られることなどが指輪の特徴なので、自分たちの予算にあった指輪を購入すべきでしょう。

婚約指輪の手入れを怠らない

婚約指輪は、つける期間が短いので結婚指輪を貰ったあとは手入れを怠りがちになってしまいます。手入れをしないと婚約指輪は劣化するので綺麗なままの婚約指輪にするためにしっかりと手入れをするようにしましょう。

広告募集中